自分の優先順位を明確にすることが、保育士の転職をする際の秘密

求人情報掲載サイトを利用しよう

保育士の仕事を今までしていた人でも、理容師になることもできます。仕事の幅は限定されていないのです。タウンワークなどの求人情報掲載サイトでは、秘書や保育士の情報があるので、転職を考えている人、初めて就職活動をする人は活用しましょう。

保育士に転職する人必見!失敗しない職場の選び方

履歴書

優先順位を付ける

保育士の求人を選ぶ際には、優先順位をしっかり確認しておくことが大切です。自分の中では譲ることのできない事、給料や就職場所、労働時間などに順位を付け、優先順位の高い条件を選ぶと良いでしょう。その後に、希望の条件と合っているかを確認することで、失敗しない求人を探すことができます。

人間関係を確認する

保育士に転職する際には人間関係の確認をしましょう。保育士は9割女性なので、ギスギスした女社会です。そんな中で人間関係を確認するには、結婚や出産などで退職した人が戻って来ているのかを確認すしましょう。戻って来ている人が多い職場の場合は働きやすい環境がある証拠です。平均勤続年数が5年ほどの職場が最適です。

人気の転職先ランキング

no.1

保育士

保育士の仕事は資格が簡単に取れることや、子どもと触れ合えることから人気があります。また、仕事も多くあることや資格を取得することで、キャリアアップも期待できるので、転職する際に最も人気があります。

no.2

秘書

秘書の仕事は未経験から始めることができるので、保育士の次に転職先で人気があります。社会人として必要な知識を学ぶこともできるのが魅力です。また、責任のある仕事なので、やりがいのある仕事として人気があります。

no.3

一般事務

一般事務の仕事もパソコンの基本的なスキルがあれば、未経験でも就くことができるため人気があります。一般事務の仕事は幅広い職種で役立つため。求人も多くあります。

保育士の仕事内容

保育士の役割

保育士の役割は子ども達の笑顔を生み出し、心の成長をさせ、保育所でのびのびと過ごしてもらうために、保育の環境を整える仕事です。保育士は子ども達に大きな影響を与えます。悪い影響を与えないようにすることも大切な役割です。

午前中の仕事

朝保育所に着いたら、危ないものが無いかの確認をします。また、空気の入れ替えなどをし子ども達の登園準備をします。子ども達が登園したら、午前中の天気の良い日には体を動かします。自然に触れたり、日光にあたることで、強い体を作ります。

午後の仕事

食事やお昼寝が終わったら、絵本を読んだり、ものを作ったりして遊びます。その際には、子ども達の想像力を高めます。天気がいい日には午後も外で遊ぶこともあります。延長保育は様々な年齢の子どもたちと、お迎えが来るまでゆったりをした時間を過ごします。

[PR]理容師の求人を厳選公開♪
高収入も夢じゃない☆

[PR]保育士専門の転職サイト
資格を持ってなくても応募できる求人アリ!

[PR]保育士求人専門の情報サイトをcheck!
子供の成長を見守れる仕事に就こう

[PR]転職するなら秘書求人がオススメ!
専任スタッフが就活を徹底サポート☆