求人情報を確認しよう!理容師と美容師の違い

理容師と美容師の求人の大きな違いは二つだけ!

求人情報を確認しよう!理容師と美容師の違い

はさみ

国家資格の違い

理容師と美容師の大きな違いは国家資格です。理容師の場合は「理容師免許」、美容師の場合には「美容師免許」の取得が必要となります。内容的には、ヒゲなどの顔そりをするのは理容師しかできません。理容師は容姿を整えるため、美容師は容姿を美しくするためと考えると良いでしょう。

ほとんど変わらない仕事内容

理容師と美容師はほとんど変わりはありません。お客様が希望する髪型を提供するために、知識や技術を身につける必要があります。様々なニーズに合わせることはどちらも変わりません。また、美容師と理容師の資格を両方取得することも可能です。キャリアアップにもつながるので、オススメです。

理容師になるためのポイント

基礎ポイント

理容師になるためのには、学校に通い理容師の国家試験に合格する必要があります。理容師には年齢制限はなく、資格を取ることで、就職に有利になります。

理容師に向いている人

理容師に向いている人は、技術とセンスが必要となります。その為、手先が器用でセンスのある人が向いていると言われています。また、流行に敏感な人も向いています。

求められる能力

コミュニケーション能力は理容師にとても必要になります。お客様の要望を聞くのはもちろん、施術中にお客様が暇をしないようにするためにも大切です。幅広い年齢層に対応できるようにしましょう。

就職状況

最近はユニセックス化が進み、女性だけでなく、男性も美容室を利用するようになりました。その為、求人が少なく就職がしにくいと言われています。しかし実際には、現在の理容師の年平均年齢が上がっているため、若い人の需要は十分あるようです。